佐瀬歯科医院
佐瀬歯科医院

歯周病治療


歯周病は歯と歯ぐきの境目に細菌が入り、歯ぐきや歯を支えている骨などを破壊してしまう病気です。放置すると歯が抜けてしまうばかりでなく、全身の健康にも深刻な影響を及ぼす恐れがあります。日本人の大半は程度の差はありますが歯周病にかかっているといわれています。当院では歯周病の予防や治療には特に力を入れております。院長が日本歯周病学会・歯周病専門医であり、日本臨床歯周病学会会員の歯科医師や日本歯周病学会認定の歯科衛生士が在籍しております。お気軽にご相談ください。

 

歯周病とはどんな病気?

歯周病は慢性の歯周組織の病気です。以前は歯槽膿漏ともいわれていました。歯や歯ぐきについた歯垢(プラーク)に細菌が入り、歯ぐきや歯をささえる骨などを破壊してしまい、最後には歯は抜け落ちてしまいます。
初期の内はほとんど自覚症状がなく『沈黙の病』ともいわれています。歯周病を進行させる悪性の細菌は『歯周病菌』とよばれ、歯と歯ぐきの間にできた歯周ポケットと呼ばれる所でどんどん増殖して歯周組織を破壊していきます。
最近の研究で歯周病は歯を破壊するばかりでなく、全身の健康にも大きく影響を及ぼすことがわかってきました。歯周病は重度の状態になると完治させるのはひじょうに難しいといわれています。軽度のものであれば治療によってほぼ完治させることも可能です。
当院では日頃から日々ブラッシングの指導やプロによるクリーニングによって病気を予防するとともに、進行を遅らせ、軽度の場合はもちろん重度の場合でも出来る限りの治療を実施しております。

歯周病の原因について

歯周病の原因となっているのは、『歯周病菌』といわれる悪性の細菌です。日々のブラッシングや定期的な歯のメンテナンスを怠っていると歯にはプラーク(歯垢)がたまって行きます。この『歯周病菌』がプラーク(歯垢)から歯と歯ぐきの間にできた『歯周ポケット』とよばれる溝の中に入り込みどんどん繁殖します。
『歯周ポケット』はほとんど無酸素状態ですが、『歯周病菌』は酸素をひじょうに嫌うのでこの無酸素状態の中ではどんどん繁殖します。最初はほとんど自覚症状はありませんが、歯肉炎とよばれる炎症を経て最後には歯周組織を破壊するに至ります。
また歯周病にはその症状や様々なタイプがあるとともに、体の他の部位の症状と密接に関連して歯周病が引き起こされやすくなるケースもあるといわれています。

歯周病の症状について

歯周病は『沈黙の病』ともいわれ、最初は自覚症状がほとんど無く、定期的な検査が必要です。具体的には下記のような段階で進行していくといわれています。

 

◆初期・・・ほとんど自覚症状はありません。

◆歯肉炎・・歯ぐきのプラーク(歯垢)によって炎症が引き起こされます。出血をともなうことも多々あります。

◆歯周炎・・歯肉炎を繰り返すうち、歯肉が腫れ、膿が出たりするようになります。

◆歯槽骨が破壊され、歯が抜けてしまう

 

一般的にはこのような過程で進行することが多いのですが、歯周病にも色々なタイプがあり症状も様々なので、やはり日頃から予防に努めるとともに、おかしいと思ったらすぐ専門医へのご相談をおすすめします。

歯周病の検査と診断について

歯周病は進行している状況によって、以下のような検査や症状によって判断することが出来ます。

◆初期の状態の時

まずはご自分のお口の中の状態を検査してみることをおすすめします。歯周病の原因となるプラークがどれくらい着いているかは専用の薬剤によって検査することが出来ます。プラークがついていると歯ぐきが真っ赤に染まるようになっているので一目瞭然です。この状態を放置すると歯周病がどんどん進行してしまう恐れがあります。


◆進行してきた時の状態

初期は痛みなどはともないませんが、進行してくると日常生活の中でもいろいろな兆候を発見することが出来ます。下記のような症状があった時は歯周病の疑いがありますのですぐ専門医に相談してください。

  • 口臭
  • 歯のブタッシング時に歯ブラシに血液が付着する
  • 冷たいものや熱いものがしみる・食べ物が歯ぐきに挟まりやすくなった

歯科医院では上記のような症状の方には、歯ぐきからの出血の状態を検査して歯周病がどれくらい進行しているか診断することが出来ます。

歯周病予防について

歯周病の予防には、まず何よりも毎日の歯のメンテナンスが重要です。また少しでもおかしいと思ったら専門医に相談することが肝要です。

◆ブラッシング

毎日少なくとも朝晩の2回は念入りな歯のブラッシングをすることをおすすめします。正しいブラッシングの方法につきましては歯科医院に相談すると教えてもらえます。
◆定期検診とクリーニング

しっかりブラッシングをしていても歯ブラシだけではなかなかプラーク(歯垢)は除去できません。定期的に歯科医院で歯や歯ぐきの状態を検診しましょう。またブラッシングではとれない汚れやプラークを除去するために、歯石取りやPMTCなどの歯のクリーニングをおすすめします。

★PMTC

プロ(歯科医師、歯科衛生士)による歯のクリーニングです。特別な薬剤を使用するため効果が大きいといわれています。

歯周病治療について

歯周病の治療は病状の進行度合いにより様々な方法があります。

◆プラークコントロール

プラーク(歯垢)除去することで予防処置にもなります。歯のクリーニングや歯石取りなどを行ないます。
◆歯石取りの外科的な処置

クリーニングや歯石取りではとれない汚れや歯石を除去するために歯ぐきを切開して除去するがあります。
◆歯周外科手術

歯肉を切って歯槽骨からはがし,こびりついて取れなかった歯石を除去します。そして再発防止の為に歯槽骨や歯肉の改善を行います。
◆さらに重症の場合

通常は抜歯をするほかに手段がありませんでしたが、現在では失われた歯根部を特殊な膜で覆い、歯肉の侵入を防ぎ、歯槽骨を再生させる方法などが開発されてきました。

歯周病治療手術症例

歯周病と全身疾患との関係について

歯周病は歯や歯周組織を破壊するだけではなく、全身の疾病と密接な関係があることがわかってきました。歯周病にかかっていると生活習慣病の発病にかかりやすくなるまでといわれています。またある種の疾病の患者は歯周病が進行しやすいなどのデータがわかってきています。下記の病気は歯周病にかかっている人が一般的に誘発されやすいといわれている疾病や症状です。

  • 冠動脈性心疾患での発作のリスクが高まる
  • 糖尿病が悪化するリスクが高まる
  • (妊婦の方の)早産や低体重児出産のリスクが高まる
  • 呼吸器系疾患他にも研究によって様々な疾病との関係が判明してきています。
PAGE TOP
プライバシーポリシー
Copyright © Sase Dental Office All Rights Reserved.